不登校カレッジTOP > 不登校でも行ける学校一覧 > 高卒認定予備校ってどんな学校?

高卒認定予備校は、文部科学省の実施する「高等学校卒業程度認定試験」の合格を目指すための予備校・学習塾のような学校のことを言います。

以前は「大検」と呼ばれていたこの試験に合格すると、「高卒と同等」と認められるため、大学や短大、専門学校の受験資格が与えられ、その後の就職や資格試験を受ける際などにも活用することができます。

通信制高校、サポート校との違い

「高等学校卒業程度認定試験」に合格しても、あくまで「高卒と同等」ではありますが、「高校を卒業」をしたわけではありません。高卒資格(学歴)は取ることはできません。

通信制高校やサポート校は「高卒資格(学歴)取得」を目指す場所ですが、高卒認定予備校は、高卒の先の「大学や短大、専門学校の受験資格、就職や資格試験の受験資格取得」を目指す場所と言ってもいいでしょう。

高卒認定予備校のメリット

効率的な学習

「高等学校卒業程度認定試験」に合格することが目的なので、合格に向けた効率的な勉強の方法や試験対策を受けることができます。

同じ目標を持った仲間作り

独学だと妥協や挫折しそうになりますが、高卒認定予備校には同じ目的を持った仲間や友達がいます!

合格後、次なるステップへのサポート

高認合格後、大学・短大や専門学校へ進学するための受験指導を引き続き受けられる予備校もあります。

無料
不登校でも安心して通える学校へ一括資料請求!
お住まいの都道府県