不登校カレッジTOP > 不登校でも行ける学校一覧 > 通信サポート校ってどんな学校?

通信制サポート校は、通信制高校を3年間で卒業するための支援を行う学校のことです。

通信制高校は自宅学習がメインになりますので、途中で挫折してしまうことや卒業までに5年以上もかかってしまうこともあります。

サポート校はそんな時に学習の補完や精神面でのサポート・支援してくれるのです。通信制高校とサポート校は必ずしもセットではありませんが、ほとんどの生徒がサポート校にも通っています。

サポート校の運営は主に学習塾、予備校、専門学校など民間教育機関で、それぞれの特色を活かして運営されています。現在ではサポート校の数も増え、全国で約200校以上と言われています。

全日制・定時制高校との違い

通信制サポート校は学校教育法で定められた法的な学校としての認可を受けていないので、サポート校だけでは高卒の資格(学歴)取得はできません。

つまり、高卒の資格を取得するためには、通信制高校への同時入学が必要となります。

通信制高校と通信制サポート校の最大の違いは、「高校卒業資格の取得ができるか、できないか」という点です。

通信制サポート校のメリット

学習面、精神面でのサポート体制が充実

「サポート」と銘打っているだけに、学習面とメンタル面、両方でのサポート体制が整っている学校が増えてきました。一般的な学校と変わらない保健室の先生や、カウンセリングの専門家がいる学校など、心のサポートに力を入れている学校もあります。また、不登校やひきこもりなど様々な悩みを持つ生徒に対しての指導経験が豊富にあり、一人ひとりに合った対応を行うため、安心して通える環境が充実しています。

全日制と変わらない高校生活を送れる

サポート校の多くは、全日制高校と同じように高校生活を送ることができるというメリットがあります。担任制や個別指導制なので分からないことや不安なこともすぐに先生に確認できる環境が整っています。

普通高校のような週5日制を採用している学校が一般的ですが、徐々に登校に慣れるため週1日からの在宅コースなど、生徒のペースに合わせて柔軟に対応してくれる学校もたくさんあります。

独自のカリキュラム

午前中は通信制高校の授業、午後からは音楽やスポーツファッション、アートなど、夢ややりたいこと、目的に特化した選択授業というように、学校によって独自のカリキュラムがあります。個人の才能や興味により、普通高校だけでは習得できない知識や技術を学ぶことができます。

通信制高校に比べると、サポート校はスクーリングの回数もグッと増えます。通学することも考えて無理のない通学圏内の学校を選びましょう。また、授業料の面でもサポート校へ通う場合は負担が大きくなりますので、慎重に選ぶことが大切です。学習面やメンタル面におけるサポート体制などを各学校別にしっかり見比べてみましょう!

無料
不登校でも安心して通える学校へ一括資料請求!
お住まいの都道府県